東南アジアの駐在先、越が人気=ナビゴス

人材紹介大手エン・ジャパン傘下のナビゴス・グループは20日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の駐在先として、ベトナムが最も人気が高かったという調査結果を発表した。 生活と仕事の両面での理想的な国を聞いたところ、回答者の30%がベトナムと答えた。以下、シンガポール(…

関連国・地域: ベトナムASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ影響続く(21:01)

交通事故、意識改革が課題 飲酒罰則や免許制、法整備前進も(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

車両登録料、7~9月に電子納付を導入(07/15)

フック首相、中国との航空便再開を大筋承認(07/15)

越航空、政府に12兆ドンの緊急支援要請へ(07/15)

物流の自動化、コロナ禍を契機に加速か(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン