GDP予測、引き下げ相次ぐ 外資金融、通年でマイナス成長も

外資系大手金融機関が香港の2019年通年の実質域内総生産(GDP)成長率予測を相次いで引き下げている。米投資銀行大手モルガン・スタンレーは従来の前年比1%からマイナス0.3%に下方修正した。米中貿易摩擦のほか、「逃亡犯条例」改正案を巡る香港社会の混乱などが主要因だ。混…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

6月の香港旅客数、99.7%減の1.46万人(20:53)

テイクオフ:香港で日々増えてきた新…(07/15)

政府、コロナ対策引き締め 在宅勤務奨励、マスク義務化も(07/15)

域内40人含め新たに48人が感染、計1569人(07/15)

水際対策強化、衛生局長に入境条件制定権(07/15)

全校の校内活動を2週間停止、学習塾も対象(07/15)

海洋公園とディズニー、感染防止で再休園へ(07/15)

公営レジャー・文化施設、15日から再休業(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン