労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組

インドネシア政府は労働改革の一環として労働法の改正を検討しているが、政府の目指す投資誘致の促進や競争力の強化は、現行の労働法で保護されている労働者の権利を後退させる可能性があり、改正に向けた議論が進んでいない。労働組合は改正内容に神経をとがらせる一方、財界から…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) イタリアの感染者300人超に(17:43)

洪水対策、首都政府に強化を求める声(18:13)

加糖飲料課税、業界への影響検討=産業省(16:47)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:花粉症持ちには厳しい季…(02/26)

雇用オムニバス法、批判続々 労組・学生団体はともに反対表明(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首都圏で再び洪水、交通網や電気系統も影響(02/26)

産業省、4月にもEVの技術指針規定を公布(02/26)

タイヤ需要、新車市場低迷でも好調見通し(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン