• 印刷する

テイクオフ:オフィス近くでボーリン…

オフィス近くでボーリング調査が盛んに行われている。あちこちで「ガガガ」という音がすごい。どうやら広州地下鉄12号線建設のためのものらしい。

ある商社関係者から聞いた話では、広州地下鉄の車両には日系企業の部品も使われているという。以前は日本から輸入していたが、近年は価格競争が激しいため、現地で合弁を組んで供給しているとのこと。日系企業はシステム系統にも食い込んでいるそうで、大手電機メーカーの関係者は、いくつかの路線の配電盤は日系製だと教えてくれた。ただ、地場系も虎視眈々(たんたん)と受注を狙っているため、気が抜けないのだとか。

地上で行われているボーリング調査が終われば、あとは地下で粛々と工事が始まる。各種の受注を巡る「地下の争い」も、一般市民の目に見えないところで丁々発止と繰り広げられているのだろうか。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機その他製造建設・不動産運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

テイクオフ:朝は朝食屋に、夜は串焼…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

カンダル州の火力発電所、6月建設再開も(05/27)

本土企業、香港上場ラッシュ 米国の対中制裁、「回帰」促す(05/27)

コロナ後も環境対策は緩めず 担当閣僚「経済の犠牲にしない」(05/27)

4月の台湾人出境、99%減の1.1万人(05/27)

中小銀行の不良債権リスク拡大、人民銀総裁(05/27)

パッテン元総督、G7で国安法の議論求める(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン