• 印刷する

香港系小売り大手、スーパーなど22店閉鎖か

シンガポールで上場する香港系の小売り大手デアリー・ファーム・インターナショナル・ホールディングスが、マレーシアで運営するスーパーマーケットなど22店舗を閉鎖するとの情報が流れている。同社は否定も肯定もしていない。20日付エッジ(電子版)が伝えた。

店舗閉鎖の情報は先週末にソーシャルメディアで広まった。対象となるのはハイパーマーケット(大型小売店)・スーパーマーケット業態の「ジャイアント」21店と高級スーパー「コールド・ストレージ」2店。

デアリー・ファームのマレーシア子会社GCHリテールの広報担当者は、これに対するコメントを控えた上で、「わが社は事業再編を進めているが、消費者のニーズに合わせるためのものだ」と説明。「店舗への投資は継続中で、ここ数カ月に週1店舗のペースで14店舗を改装してきた」と述べた。

エッジは先月、今年に入ってジャイアントとコールド・ストレージの計6店が閉鎖されたと伝えていた。

GCHリテールが運営する店舗は、2014年には高級スーパー「メルカト」「ジェーソンズ・フード・ホール」を含めて147店を数えたが、現在は100店を割り込んでいる。同社は14年12月期以降、4期連続で純損失を計上しており、17年末時点の累積赤字は2億4,348万リンギ(約62億1,100万円)に上る。


関連国・地域: 香港マレーシアシンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

RM1=24.7円、$1=4.36RM(28日)(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

高等教育機関のオンライン授業、年内継続(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン