• 印刷する

アヤラ系、初のオフィスビル開発

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)の高級物件部門アヤラ・ランド・プレミア(ALP)は、マニラ首都圏ケソン市のベルティスノース地区に43階建て高級オフィスビル「ワン・ベルティス・プラザ」を建設する。完成は2024年4~6月期を見込む。ビジネス・ワールド(電子版)が伝えた。

同社にとってオフィスビル開発は初めて。ビルの1区画当たりの面積は101~325平方メートルで、中層階(5~25階)の200室、高層階(26~38階)の130室、最高層階(39~43階)から成る。IT受託企業などの入居を見込む。

ALPの担当者は「最新のプロジェクトで、住宅以外にもポートフォリオを拡大することになる」と説明した。

ALIが2012年から開発しているベルティス・ノース地区は鉄道駅に隣接する好立地にあり、これまでに高層コンドミニアム、ホテル「セダ・ベルティス・ノース」、ショッピングモール「アヤラ・モールズ・ベルティス・ノース」、オフィスビルなどが完成した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タガログ語のラップミュ…(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

オフィス需要、カジノ首位に 19年間で初、規制強化も勢い続く(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

レクサス、SUV「RX」の改良モデル発売(09/18)

メラルコ、ガス田の定期検査で供給不足懸念(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

競争委、ファーウェイ委託業者に罰金(09/18)

小規模鉱業事業者に6鉱山を新規開放か(09/18)

〔ミ島通信〕都市開発、百億ドルの経済効果(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン