世界最大級の藻類培養設備 サラワクに日系技術で完成

シンガポールに本社を置く日系バイオ技術ベンチャー、ちとせバイオエボリューションを中核とする、ちとせグループは20日、同グループが設計・監修した熱帯環境下では世界最大級となる藻類培養設備がマレーシア・サラワク州クチンに完成し、生産を開始したと発表した。事業主体は三…

関連国・地域: マレーシアシンガポール日本ブルネイ
関連業種: 化学天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コンビニでたばこを買い…(09/17)

JALが出資の可能性も 経営再建中のマレーシア航空(09/17)

Jパワー、発電所の共同開発でマラコフと覚書(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

ホンリョンと米TPG、3カ国の医療施設買収(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

RM1=25.9円、$1=4.16RM(13日)(09/17)

マレー国境の通関24時間体制、9カ月延長へ(09/17)

サンウエー、天津エコシティーの用地取得(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン