日米連携して投資誘致支援 フォーラムで経済改革を後押し

ミャンマー最大都市ヤンゴンで20日、日本と米国の両政府などが共催する投資フォーラムが開催された。ミャンマーは、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題を受け、欧米からの外国投資が伸び悩む。フォーラムは「責任ある投資」がテーマで、国際的な逆風が強まるミャンマーに寄…

関連国・地域: ミャンマー日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

街路の景観整備、ヤンゴンで試験事業が開始(09/18)

ゾウコンニャクが値上がり、日中の需要増で(09/18)

マンダレーのコーヒー工場、解雇反対でスト(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

観光銀行、ネピドーにも店舗=3カ所目(09/18)

民間看護学校4校開校へ、人材不足解消で(09/18)

中国雑誌に批判、マンダレー王宮を侮辱(09/18)

シャン州で停戦中に戦闘、市民1千人が避難(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン