• 印刷する

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ

韓国サムスングループでバイオ後続品(バイオシミラー)を開発するサムスンバイオエピスが、患者の少ない希少疾患向けバイオシミラーの開発に力を入れている。19日に、夜に血尿が出る発作性夜間血色素尿症治療剤ソリリスのバイオシミラー「SB12」の臨床試験が最終段階(第3相試験)に入ったと発表した。10カ国50人の患者を対象に実施する。2021年7月に終了する予定。

ソリリスは、バイオ製薬米大手アレクシオン・ファーマスーティカルズの主力製品で、高価なバイオ医薬品として知られる。18年の世界市場での売上高は35億6,300万米ドル(約3,790億円)だった。

サムスンバイオエピスは「自己免疫疾患患者や腫瘍患者向けのバイオシミラーの開発を通じて蓄積してきたノウハウを土台に、希少疾患向けの開発に乗り出した」と説明している。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン