• 印刷する

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…

給料日に全額が現金自動預払機(ATM)から引き出される。日本人だったら信じがたいことだが、フィリピンでは至って普通のことらしい。現地の知人に問いかけると、笑いながら「しょうがないじゃない」と返ってくる。

所得水準を考えれば、某米系カフェチェーンも気軽に手が届くとは思えない。が、先々のことは後回し、今を楽しまなければ損――。そんな思考だからか、給与支給も法律で月2回に分けられているのかもしれない。生活するのに精いっぱいだからか、「貯蓄」の概念はまだ薄い。

マニラ首都圏中心部の商業施設を歩けば、こぎれいな格好をした若年家族層が休日を楽しそうに過ごしている。だが、よく観察してみると、縫製のほころびは少なくない。ATMから引き出される給料全額は生活のためだけでなく、「背伸び」を映しているともいえるか。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タガログ語のラップミュ…(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

オフィス需要、カジノ首位に 19年間で初、規制強化も勢い続く(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

レクサス、SUV「RX」の改良モデル発売(09/18)

メラルコ、ガス田の定期検査で供給不足懸念(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

競争委、ファーウェイ委託業者に罰金(09/18)

小規模鉱業事業者に6鉱山を新規開放か(09/18)

〔ミ島通信〕都市開発、百億ドルの経済効果(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン