• 印刷する

クラーク国際空港の運営、民間引き継ぎ

フィリピンの特別目的会社ルソン・インターナショナル・プレミア・エアポート・デベロップメント(LIPAD)は16日、中ルソン地方パンパンガ州に位置するクラーク国際空港の運営・保守業務を政府から正式に引き継いだ。同事業はドゥテルテ政権下で初の官民連携(PPP)事業。地元紙インクワイラーなどが伝えた。

LIPADは、(1)ゴコンウェイ財閥の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(2)ゴティアヌン財閥の持ち株会社フィリンベスト・デベロップメント(3)フィリピン・エアポート・グラウンド・サポート・ソリューションズ(4)シンガポールのチャンギ国際空港を運営するチャンギ・エアポート・インターナショナルの完全子会社――で構成されている。

LIPADのビ・チュングンコ社長兼最高経営責任者(CEO)によると、既存の航空会社17社に加えて、向こう数カ月で新たに国際航空会社4社が就航する見通し。各航空会社に対し、ターミナル使用料を航空運賃に含めることも要請している。


関連国・地域: シンガポールフィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:タガログ語のラップミュ…(09/18)

オフィス需要、カジノ首位に 19年間で初、規制強化も勢い続く(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

レクサス、SUV「RX」の改良モデル発売(09/18)

メラルコ、ガス田の定期検査で供給不足懸念(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

競争委、ファーウェイ委託業者に罰金(09/18)

小規模鉱業事業者に6鉱山を新規開放か(09/18)

〔ミ島通信〕都市開発、百億ドルの経済効果(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン