• 印刷する

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長

ミャンマーのホテル・観光省は16日、日本のパスポート(旅券)を持つ旅行者への観光ビザ免除を10月以降も延長すると明らかにした。延長期間は来年9月末までとしている。

日本のほか、韓国、香港、マカオのパスポート保持者に対しても同様に観光ビザの取得を免除する。また、空路で入国する中国人、インド人には到着ビザ(VOA)取得のみで入国できる緩和措置を継続する。

今年1~6月にミャンマーを訪れた日本人は前年同期比24%増の6万574人、韓国は同84%増の5万9,568人だった。中国人の来訪者数は32万882人に達し、昨年同期の13万3,697人の2.4倍。ミャンマーの観光業界はビザ緩和により大きな成果が出ているとして、延長を強く求めていた。


関連国・地域: 中国香港マカオ韓国ミャンマーインド日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米中貿易摩擦の影響に備えるべき=財務相(09/18)

街路の景観整備、ヤンゴンで試験事業が開始(09/18)

ゾウコンニャクが値上がり、日中の需要増で(09/18)

マンダレーのコーヒー工場、解雇反対でスト(09/18)

グラブとハイネケン、東南ア事業拡大へ提携(09/18)

観光銀行、ネピドーにも店舗=3カ所目(09/18)

民間看護学校4校開校へ、人材不足解消で(09/18)

中国雑誌に批判、マンダレー王宮を侮辱(09/18)

シャン州で停戦中に戦闘、市民1千人が避難(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン