• 印刷する

テイクオフ:フィリピン人海外出稼ぎ…

フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)は、映画産業でも存在感が大きいようだ。今月開催された映画祭では、サウジアラビアで就職を目指すシングルマザーの助産師の物語が話題となった。

長年続いたマルコス独裁政権下で労働力輸出が国策として始まり、現在まで多くの映画作品でOFWの姿が描かれてきた。米国や欧州で差別や偏見に耐えながら、家族のために仕送りを続ける。故郷の家族と離れ、ホームシックになり、同年代の異性と恋に落ちる――。ドラマ的要素は事欠かない。観客は、苦悩や葛藤を抱えながら必死に生き抜く主人公に、家族や友人の姿を重ねるのだろう。

映画館への客足が伸びるのは良いことだ。とはいえ、映画に出てくるOFWは見ていて辛い。家族愛や自己犠牲の精神が、必要以上に美化されているようにも感じる。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン