• 印刷する

テイクオフ:フィリピン人海外出稼ぎ…

フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)は、映画産業でも存在感が大きいようだ。今月開催された映画祭では、サウジアラビアで就職を目指すシングルマザーの助産師の物語が話題となった。

長年続いたマルコス独裁政権下で労働力輸出が国策として始まり、現在まで多くの映画作品でOFWの姿が描かれてきた。米国や欧州で差別や偏見に耐えながら、家族のために仕送りを続ける。故郷の家族と離れ、ホームシックになり、同年代の異性と恋に落ちる――。ドラマ的要素は事欠かない。観客は、苦悩や葛藤を抱えながら必死に生き抜く主人公に、家族や友人の姿を重ねるのだろう。

映画館への客足が伸びるのは良いことだ。とはいえ、映画に出てくるOFWは見ていて辛い。家族愛や自己犠牲の精神が、必要以上に美化されているようにも感じる。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サウジ原油問題で懸念後退 エネ省「備蓄十分」、利下げ継続(09/20)

HOYA、レンズ工場に追加投資(09/20)

昭石化工、防水材で販路拡大(09/20)

エアリキード、水素供給でシェルと長期契約(09/20)

比大統領、10月上旬にロシア訪問(09/20)

8月の国際収支、黒字4.9億ドルに拡大(09/20)

石油施設の跡地開発、サンミゲルに近く認可(09/20)

MRT3号線の中国車両、月内にも運行か(09/20)

マイニラッド、2千億ペソで下水道施設増強(09/20)

エドサ通りに高速道敷設、サンミゲルが計画(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン