韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念

米中貿易摩擦の再燃を背景に世界経済の先行きへの懸念が高まる中、韓国企業が厳しい試練に直面している。韓国主要企業の2019年4~6月期の連結業績は軒並み営業減益となった。サムスン電子は半導体事業の不振を受けて前年同期比55.6%減少。鉄鋼大手のポスコも市場の供給過剰感を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、39人増の1万3551人(12:14)

サムスン6Gでもリードへ、報告書を公開(18:58)

現代重傘下企業が太陽電池モジュール工場(17:57)

ウィズコロナ対応、ロッテが競争力強化急ぐ(17:50)

テイクオフ:ジョン・ボルトン前米大…(07/15)

21年の最低賃金は1.5%増 コロナ禍反映、上昇率は過去最低(07/15)

新型コロナ感染者、33人増の1万3512人(07/15)

抗体ほぼ確認できず、集団免疫「不可能」(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン