韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念

米中貿易摩擦の再燃を背景に世界経済の先行きへの懸念が高まる中、韓国企業が厳しい試練に直面している。韓国主要企業の2019年4~6月期の連結業績は軒並み営業減益となった。サムスン電子は半導体事業の不振を受けて前年同期比55.6%減少。鉄鋼大手のポスコも市場の供給過剰感を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

日韓関係悪化の長期化、韓国に打撃=S&P(09/20)

高齢者と外国人を活用へ、少子高齢化対策(09/20)

米半導体装置大手、韓国にR&D施設移転か(09/20)

日本企業への影響軽微、半導体メモリー対象外(09/20)

LS電線、高速鉄道向け剛体電車線を開発(09/20)

車部品の万都、欧州にR&Dセンター開設(09/20)

韓国GM、販売減で会社存続の危機(09/20)

韓国文化省、越3校への図書館設置を支援(09/20)

山東自貿区煙台エリア、韓国との協力強化(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン