• 印刷する

今週から石油天然ガス鉱区のデータ無料開示

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、今週から天然ガス鉱区に関するデータを無料で利用できるようにした。これまでデータ使用料を税外収入(PNBP)としてきたが、今後はデータを広く開示し、石油・天然ガスの探査活動や開発事業に役立てる。

エネ鉱相令『2006年第27号』を改正した『19年第7号』を2日付で公布、施行した。

改正令では、一般データと基本データは無料で開示し、加工・解明データは年会費を納めた会員のみが利用できる。国家予算で実施した調査データは全て開示し、共同調査によるデータや事業者と契約済みの鉱区に関するデータ一部は非開示とする。

16日付インベストール・デーリーによると、エネ鉱省情報技術データセンターのアグス所長は「年会費の金額は未定。データを公開するサイトを準備している」と述べ、今週中にアクセスできると述べた。データ使用料はこれまで、1セット当たり8万米ドル(約849万円)だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

統計局、来年の国勢調査でデジタル技術活用(09/13)

投資阻害の法律72本を改正し一本化へ(09/13)

テイクオフ:インドネシアの首都の移…(09/13)

トヨタ、新型カローラを発売 HVタイプを販売全体の15%目標(09/13)

第3代大統領のハビビ氏死去 独裁政権から民主化へ移行を実現(09/13)

過積載の取り締まり強化、道路交通法改正へ(09/13)

ボーキサイトなども禁輸加速を検討、調整相(09/13)

新車検査施設を23年までに拡張、EV対応で(09/13)

五菱が完成車輸出、年内にタイへ1000台(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン