小児ぜんそく監視端末、スタートアップ開発

シンガポールのスタートアップ企業エーイーバイス・ヘルス(AEvice Health)が、小児ぜんそくの患者の症状を常時チェックするウェアラブル端末「エーイーバイス・メディカル」の開発を進めている。2022年までの実用化を目指す。 端末は手のひらサイズの大きさで、患者の胸に装着し…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染66人、計1375人(6日)(20:13)

年次株主総会など、新型コロナで期限延長(20:12)

テナント賃料を一時免除、地場大手2社(20:13)

スーパーNTUC、在庫完備・価格維持を強調(20:17)

中小企業融資枠組み、既に660社余りが活用(20:13)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン