• 印刷する

ATM手数料改定、申請は10行未満

フィリピン中央銀行は14日、現金自動預払機(ATM)利用手数料改訂の凍結解除後、市中銀行から寄せられた改定申請は10行未満にとどまっていると説明した。具体的な銀行名は公表しなかった。

フォナシエ副総裁は「複数の銀行は他行の口座から預金を引き出す際の手数料で小幅な引き上げを申請しており、一部は引き下げ意向を示している銀行もある」と説明した。

他行からの引き出し手数料は、現在11~15ペソ(約22~30円)に設定されている。中銀はこの金額を上回る手数料案については、合理性などを徹底的に判断することにしている。審査には20営業日を要する見通しだ。

フォナシエ副総裁は、ATM利用手数料が引き上げられれば、フィリピン中央銀行の自動決済システム(ACH)「フィリピンEFTシステム・アンド・オペレーション・ネットワーク(PESONet)」や「インスタペイ」、QRコード決済など別の取引手段の利用が促進されることになるとの認識を示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4~6月の成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(17:34)

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

〔ミンダナオ通信〕日本、配電工事車両を納入(08/20)

アヤラ系電力会社、発電所増設前倒しへ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン