中華電信と雷虎、災害時のドローン応用へ

台湾通信最大手の中華電信とドローン(小型無人機)やラジコンなどの製造を手掛ける雷虎科技(サンダータイガー)は14日、ドローンの応用で協業すると発表した。第4世代(4G)・5G移動通信システムとドローンを組み合わせて、災害時の緊急通報システムを開発する。経済日報な…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:お店は何とか持ちこたえ…(06/01)

政府が少子高齢化に大なた 24年までに介護予算を600億元へ(06/01)

TSMC、7ナノで車用半導体事業に参入(06/01)

液晶など分社化、外部資金調達へ=シャープ(06/01)

南亜科技、「DRAM価格は3Qも上昇」(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

漢唐の受注540億元に、半導体の生産増で(06/01)

中華電信、網聯科技とスマート工場で提携(06/01)

台達電、SCADAのカナダ企業を完全買収(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン