• 印刷する

バガンの空港改修へ、世界遺産登録を受け

ミャンマー中部の遺跡都市バガンにあるニャウンウー空港(中部マンダレー管区)が、2019年中に改修工事に入る。バガンが国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されることが決まり、旅客の取り扱い能力を増強する。ミャンマー・タイムズ(電子版)が15日伝えた。

運輸・通信省民間航空局(DCA)のイェ・トゥト・アウン副局長が明らかにした。同省は中部マグウェー管区にあるパコック空港の改修を優先し、その後にニャウンウーの工事を行う方針だ。

バガンはマグウェーとマンダレー管区の両エリアにまたがる。ニャウンウーは遺跡のあるオールドバガンまで約5キロだが、パコックは40キロほど離れている。ミャンマー観光ガイド協会(MTGA)のアウン・トゥン・リン会長は、「ニャウンウー空港を改修すべき。清潔な空港にするとともに、専門家を入れて設計も変更し、より多くの乗客が利用できるようにしてほしい」と要請している。

ニャウンウー空港には、国際線は乗り入れていない。タイの航空会社バンコクエアウェイズは、バンコク―ニャウンウーの直行便就航に関心を示していたが、DCAはニャウンウーには国際線は就航させない方針を示している。

2019年上半期(1~6月)にバガンを訪れた観光客は、前年同期を9万人余り上回る21万人に達した。地元の観光業界は、世界遺産登録を機に訪問客はさらに増えると期待している。バガンには毎年30万人ほどの観光客が訪れているが、空路による訪問は1万1,000人程度にとどまる。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

外出自粛違反注意した僧侶を殺害、男を逮捕(12:55)

コロナ感染者1万人超える 外出規制、地方でも強化(09/28)

新規で880人が感染、累計9991人に=26日夜(09/28)

社会保障委、出勤停止対象の加入者に支援金(09/28)

国際線旅客機の着陸禁止、10月末まで延長(09/28)

住民700万人分の食料配給を準備、ヤンゴン(09/28)

国軍系病院、一般コロナ患者の受け入れ開始(09/28)

KBZ銀、コロナ予防で営業店舗を削減(09/28)

農家支援にEバウチャー配布へ、農業省(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン