• 印刷する

テイクオフ:消費者はやはりブランド…

消費者はやはりブランド品を好むんだな――。近年、外食市場で海外勢や国内大手に押され気味の広州地ビール「珠江ビール」を飲みながら考える。ビールですら値段や地元愛よりも知名度と安心感が優先される時代、大きな買い物ならなおさらだろう。

7月の中国新車販売台数は前年同月を4%余り下回り、中でも地場メーカーの自主ブランド車は13%を超える落ち込みとなった。数字の内訳をよく見れば、市場の縮小は自主ブランド車の縮小によるものであることに気づく。急速に拡大していた新エネルギー車(NEV)市場も成長が止まった。地場資本の新興メーカーが割拠する分野だ。

景気が下り坂になれば、買い手の品定めはよりシビアになる。こんな時だからこそ、一時のブームやキャンペーンに影響されないブランドの実力と、消費者が本当に欲しい物がはっきりと分かる。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鉄道建設投資を加速、2100億元の債券発行(06/05)

「マスクバブル」はじける 生産設備、材料価格が大幅下落(06/05)

コンビニが堅調、チェーンストア100社ランク(06/05)

地方債の発行額、5月は1.3兆元で過去最高(06/05)

県クラス都市でのインフラ建設加速、発改委(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

1~4月のサービス貿易、13%減の1.5兆元(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン