ダミー会社経由の資金洗浄、金融庁が警戒

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が、国内でのマネーロンダリング(資金洗浄)に対する警戒を強めている。ペーパーカンパニー(ダミー会社)を悪用した例が増えていることが背景にある。13日付ロイター通信が伝えた。 資金洗浄対策部門の責任者であるバレリー・…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

西村あさひ、地場法律事務所と提携(11:55)

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(06/01)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン