中古車の輸出、福建省でも開始

福建省厦門(アモイ)市で13日、同省で初めてとなる中古車の輸出手続きが行われた。車両価格3万7,200元(約56万円)相当の中古車1台が、15日にカンボジアへ向けて発送される。中国新聞社電が伝えた。 厦門市では5社が中古車輸出の事業認可を得ている。主な輸出先は現代版シルク…

関連国・地域: 中国-福建カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの無症状感染、4日間で249人増(17:54)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

富士康、5Gアイフォーンの秋投入に準備(04/06)

POSの振樺電子、レノボと香港に合弁会社(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

深セン、香港からの貨物運転手に健康証明要求(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン