• 印刷する

財閥アヤラ、電子マネーで給与支給へ

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーションは、傘下企業が開発・運営する電子決済サービス「Gキャッシュ」を、グループ社員への給与支給に導入すると明らかにした。社員への利便性の向上を図る。14日付スターなどが伝えた。

傘下のグローブ・フィンテック・イノベーションズ(ミント)が提供している給与支給サービス「Gキャッシュ・パワーペイ・プラス」を導入する。給与や手当て、報奨金などが社員のGキャッシュ口座に振り込まれる。

アヤラのジョン・オルビタ人事担当責任者は「キャッシュレス生活の浸透やGキャッシュが急速に拡大している中、理にかなった一歩となる」と述べた。Gキャッシュの利用者数は約2,000万人とされている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:閑散としているはずのコ…(04/06)

外出制限、2週間延長を検討 政府、マニラ首都圏に限定も(04/06)

外出制限延長なしを提言、経済自由財団(04/06)

検査結果判明まで自宅待機、入国拒否国から帰国の邦人(04/06)

ダバオ市、外出・移動制限を強化(04/06)

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/06)

新型コロナの国産キット、当局が認可(04/06)

新型コロナ感染者3246人に、死者は152人(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン