• 印刷する

テイクオフ:自国・地域の文化や社会…

自国・地域の文化や社会を礼賛する番組は台湾でも時折目にする。中でも誇張が過ぎるのではと感じるのは「台湾人は皆、老人や妊婦に席を譲る」と主張する番組。

先日見かけた番組も、妊婦が台北捷運(台北MRT)に乗車した時の乗客の反応を検証した上、「毎回必ず席を譲る乗客が現れた」と自慢げに結論付けていた。だが、個人的経験に照らすと、妊娠中の妻と台北MRTに乗って席を譲られたことは数えるほど。

逆に日本のこの類の番組で首をかしげてしまうのは、「日本の交通機関は世界一時間に正確」との意見。昨年1カ月間、東京で勤務した際は3~4回遅延に出くわしてうんざりした記憶がある。一方、台湾で通勤に使う台北MRTではまだ一度も遅延の被害に遭っていない。自分たちの社会のどこに強みがあるのか、地元の人の方が案外分かっていないのかもしれない。(陳)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マイクロンが追加投資、中科に新工場(12:24)

テイクオフ:妻が口紅を買ってきた。…(08/26)

商業3業種ともにプラス成長 7月統計、小売・卸売が過去最高(08/26)

ASUSなど3社、AIスパコンで再提携(08/26)

同欣電子が下期成長に自信、4Qがピーク(08/26)

緯創、興創知能と高精度マップサービス開発(08/26)

DRAMモジュールの18年売上、威剛は4位(08/26)

ゴゴロ、29日から桃園でシェアサービス(08/26)

秋田知事、台北で「秋田牛」トップセールス(08/26)

立万利、ロッテフードと中国で粉ミルク販売(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン