• 印刷する

電子入国カードの本格試験、一部渡航者で開始

ICAが導入した「SGアライバルカード」のスマホアプリ(ICA提供)

ICAが導入した「SGアライバルカード」のスマホアプリ(ICA提供)

シンガポール移民局(ICA)は14日、「電子入国カード」の試験運用を本格的に開始した。入国審査の円滑化に向け、2021年までに入国カードを完全に電子化する計画の一環。まず特定の交通機関を利用して入国した外国人を対象とする。

「SGアライバルカード」と呼ぶ取り組みを開始した。入国の14日前からICAの専用のホームページかスマートフォンのアプリで名前、生年月日、国籍などを入力すると、入国審査時にパスポート(旅券)を提出するだけで済むようにした。

空路の場合、シンガポール航空(SIA)、エアアジア、ジェットスター・アジア、キャセイパシフィック航空で入国する外国人を対象とする。陸路はトランススター・トラベルの長距離バス、海路はバタムファスト・フェリーズ、ビンタン・リゾート・フェリーズ、ホライズン・ファスト・フェリー、マジェスティック・ファスト・フェリーの利用者だ。

その他の交通機関を使う場合は、従来通り紙の入国カードを記入してもらう。

ICAは昨年10月に電子入国カードの試験運用を開始した。一部の渡航者に、入国審査場で紙の入国カードを記入してもらう前にICAの職員が電子入国カード用の携帯端末を提供し、関連データを入力してもらっていた。

ICAのホームページやスマホアプリで外国人が事前に申請するシステムの導入は今回が初となる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

西村あさひ、地場法律事務所と提携(11:55)

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(06/01)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン