• 印刷する

亀田製菓、米菓工場がフル稼働の体制に

亀田製菓がカンボジアで合弁会社を通じて運営する米菓工場が、今夏にフル稼働体制に入った。年産能力は数千トンで、オーストラリアとニュージーランドに全量輸出している。世界的に米菓の需要が拡大する中、将来は生産能力を引き上げ、米国など他の市場への輸出も進める方針だ。

亀田製菓は地場の同業大手リリー・フード・インダストリーと合弁で、首都プノンペン郊外に工場を新設し、今年1月に稼働した。合弁会社のリリー・カメダの堀部宏幸最高経営責任者(CEO)によると、工場の敷地面積は1万2,000平方メートルで、従業員は約250人。工場では米ペプシコのグループ会社向けに、7種類の米菓をOEM(相手先ブランドによる生産)している。

世界的に健康志向が広がる中、低アレルギー・低脂肪の米菓の需要が高まっており、将来はカンボジアから米国やカナダ、中国にも輸出する方針。現在は工場の約半分のスペースを原材料や完成品の倉庫として使用しており、この部分に生産ラインを拡張する計画もあるという。

亀田製菓の海外での製造・販売拠点としては、タイ、ベトナム、インド、中国、米国に続き6カ国目。米菓の主原料であるコメが豊富に収穫できるカンボジアにも拠点を置くことで、競争力を向上させる。同社は海外売上高比率を、2017年度の25.3%から23年度には31.4%に引き上げる目標を掲げている。

リリー・カメダは18年設立。資本金は1,615万米ドル(約17億円)で、亀田製菓が51%、リリー・フードの代表者であるケオ・モム氏が39.71%、リリー・フードが9.29%を出資している。

1月に稼働したリリー・カメダの工場の様子=5月、プノンペン郊外(NNA撮影)

1月に稼働したリリー・カメダの工場の様子=5月、プノンペン郊外(NNA撮影)


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(17:12)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

アジア各国からの旅行者誘致、観光省が計画(08/06)

周辺3カ国労働者、22年3月末まで滞在許可(08/06)

韓国ウリ銀、非対面営業拡充で越などへ増資(08/06)

ヤンゴンにイオンモール1号店 23年開業、新興中間層に照準(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン