• 印刷する

介護ベッドのプラッツ、越生産で経営一本化

医療介護用電動ベッドメーカーのプラッツ(福岡県大野城市)は、ベトナムの生産2社の経営を一本化する。今年9月中旬をめどに、100%出資の現地法人プラッツベトナムの全株式を、48%を出資するスチール部品加工会社シェンバン・メタルに譲渡し、効率化を図る。

プラッツベトナムはベッドや周辺機器の組み立て、品質検査を手掛け、シェンバン・メタルはプレス加工、溶接加工、塗装などを担う。プラッツベトナムをシェンバンの傘下とすることで、生産コストの削減と業務の効率化につなげる。プラッツは2016年、両社を経営統合すると発表したが、当時は合意に至らず、再調整していた。

プラッツベトナムは12年設立で、資本金は200万米ドル(約2億1,000万円)。19年6月期決算は、売上高が前期比31%増の5,876億2,700万ドン(2,500万米ドル)、純利益が13倍の137億7,100万ドンだった。プラッツは、プラッツベトナムの株式譲渡により、20年7~9月期決算で約5,000万円の特別利益を計上する見込みだ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品鉄鋼・金属その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

「ベトビューティー」、HCM市で開幕(08/23)

アシアナ航空がダナン線増便、日韓減便も(08/23)

民間航空局、ビンパールエア設立を支持(08/23)

ベトナム航空、19年の売上高目標を下方修正(08/23)

UOB銀がハノイに支店、北部需要を開拓へ(08/23)

製造業、国際サプライチェーン参加の壁高く(08/23)

〔政治スポットライト〕ベトナム、豪に南シナ海の安保維持要請へ(08/23)

ベトテル、アップルのeSIMをサポート(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン