• 印刷する

シュエマン氏、大統領就任への意欲を公言

ミャンマー連邦議会の前下院議長であるトゥラ・シュエ・マン氏が、大統領就任への意欲を明言した。電子メディアのイラワジが12日伝えた。

シュエ・マン氏は4日、報道陣に対し、「大統領就任を目指す唯一の理由は、国家と国民に貢献したいため」と強調。「大統領よりも高い地位があるならば、その地位への就任も視野に入れる」と述べた。「2020年の次期総選挙では、単一政党が地滑り的勝利を収めることはないだろう。少数民族政党が単独で政権を取ることも不可能」と述べ、連立政権発足の可能性を示唆した。

同氏は4月、新党「連邦改善党(UBP)」を設立してから、わずか4カ月で全国約200郡区に支部を設置した。政治評論家らは、UBPは次期総選挙で、現与党の国民民主連盟(NLD)政権に不満を持つ有権者や軍系野党の連邦団結発展党(USDP)を嫌う有権者の票を獲得して勝利し、シュエ・マン氏は、連立政権で連邦議会議長に返り咲く可能性があるとみている。

情報筋によると、一部の国民は、次期総選挙では勝てないと考えているUSDP所属の元将軍らが、UBPに移籍する可能性があるとして成り行きを見ている状況という。シュエ・マン氏は「党の方針として勧誘はしないが、自らの意思で入党を希望する者は受け入れる」と述べている。

ただ最大都市ヤンゴンの報道関係者は「次期総選挙で、USDPの支持票の一部がUBPに流れる可能性はあるが、NLDの支持票を勝ち取ることは難しい」との見方を示した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

日米連携して投資誘致支援 フォーラムで経済改革を後押し(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

ムセの国境貿易が完全停止、武力勢力襲撃で(08/21)

中国国境貿易、チンシュエホーでも停止(08/21)

中国政府、北部同盟の襲撃に「強い非難」(08/21)

豪雨で運休のヤンゴン―バガン間鉄道、再開(08/21)

UNHCRと外務省、ロヒンギャ帰還で協議(08/21)

コメ生産者協会、農家の土壌検査を支援(08/21)

ムセの貿易地区、認証マンゴー販売所設置(08/21)

MAI航空、韓国人誘致へ代理店を指名(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン