• 印刷する

テイクオフ:現地で連日取り上げられ…

現地で連日取り上げられているニュースの一つが、交通渋滞に対する自治体の取り組みである。ここ最近は、マニラ首都圏の幹線道路エドサ通りへの長距離バスの乗り入れ規制が話題だ。

交流サイト(SNS)上では、マニラ首都圏開発庁(MMDA)がバスと一般車を分ける黄色い線に柵を設けたことで、長蛇の列をなすバスの写真が多く投稿された。長年の交通渋滞が改善するかもしれないと期待したが、記事を読むと結果的に渋滞は緩和されなかったと書いてあった。

管轄の地方裁判所が実証実験を差し止めたが、MMDAの実証実験は交通渋滞解消を考えるきっかけになったはずだ。柵を設けたのも、既存のルールを強化したに過ぎない。片側2車線を占拠して隙間なく並ぶバスの写真が、エドサ通りの処理能力の限界を示しているようにも見えた。抜本的な対策を断行してほしい。(Y)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:早朝、マーケットに行く…(07/07)

MRT3号線、感染急増で運行停止(07/07)

コロナ感染新たに2099人、累計4万6333人(07/07)

重症者向け病床、首都圏で不足気味に(07/07)

サンミゲル、従業員7万人の検査施設完成(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン