マニラウオーター、1~6月は18%減益

フィリピンのマニラ首都圏東部などで水道事業を手掛けるマニラ・ウオーター(MWCI)が13日発表した2019年1~6月期(上半期)の連結決算は、純利益が前年同期比18%減の29億1,600万ペソ(約60億円)だった。利払いや税負担が増えたことが響いた。 売上高は7.0%増の105億4,2…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4~6月の成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(17:34)

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

〔ミンダナオ通信〕日本、配電工事車両を納入(08/20)

アヤラ系電力会社、発電所増設前倒しへ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン