北京市CPI上昇率、7月は2.6%で横ばい

国家統計局北京調査総隊は12日、北京市の7月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.6%上昇したと発表した。上昇率は前月から横ばいだった。 CPIを構成する8項目のうち、6項目が上昇した。上昇率は高い順に◇保健医療:14.4%◇食品・酒・たばこ:5.4%◇その他商品・サ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「マスクバブル」はじける 生産設備、材料価格が大幅下落(06/05)

コンビニが堅調、チェーンストア100社ランク(06/05)

地方債の発行額、5月は1.3兆元で過去最高(06/05)

県クラス都市でのインフラ建設加速、発改委(06/05)

国家安全法「極めて少数が対象」、韓副首相(06/05)

1~4月のサービス貿易、13%減の1.5兆元(06/05)

感染追跡アプリ義務化、中国からの渡航者に(06/05)

中国、香港マカオ担当組織を格上げか(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン