北京市CPI上昇率、7月は2.6%で横ばい

国家統計局北京調査総隊は12日、北京市の7月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.6%上昇したと発表した。上昇率は前月から横ばいだった。 CPIを構成する8項目のうち、6項目が上昇した。上昇率は高い順に◇保健医療:14.4%◇食品・酒・たばこ:5.4%◇その他商品・サ…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国有企業の利益、1~7月は7.3%増(13:14)

中欧班列の空コンテナ、補助金狙い報道否定(15:09)

テイクオフ:夏といえばスイカ割り。…(08/26)

日産が中国でも試練の時、ライバル猛追(08/26)

米中、新たな追加関税の応酬 中国が制裁第4弾への報復発表(08/26)

中国系「ザ・ワン・モール」、12月に開業へ(08/26)

ガソリン車、禁止区域の設定も=工情省(08/26)

首都北部の高層集合住宅、上棟式を実施(08/26)

1~7月の電力消費、4.6%増の4兆kWh(08/26)

通信大手3社の中間決算、いずれも減収(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン