違法両替所がインフレの要因、商議所が警告

ラオス商工会議所(LNCCI)のバリ副会頭は、違法な両替所の存在が通貨キープ相場の変動を助長し、インフレの要因になっているとして、厳格な処罰を求めた。ラオス・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 6日に開かれた官民代表の経済協議の場で語った。 バリ副会頭は「銀行は…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

労働需給のミスマッチ解消が失業解決の鍵(08/21)

首都郊外にランサン文化公園が着工(08/20)

坂東電線がサワンナケートに工場開設(08/19)

首相、環境と調和したインフラ開発を指示(08/19)

1~6月の国境輸出4%減、3カ国向け低調(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン