• 印刷する

豪政府、高技術者年5000人の移民ビザ新設へ

オーストラリア連邦政府が13日、新たに高度技術者を対象とした独立技能移民ビザ枠「グローバル・タレント・インディペンデント・プログラム(GTIP)」を導入すると発表した。毎年5,000人まで、世界の有望な人材の永住権手続きを優先的に処理し、フィンテック(ITを活用した金融サービス)やアグリテック(ITを活用した農業サービス)、量子コンピューティングなど今後成長が見込まれる産業の強化につなげたい考えだ。13日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

コールマン移民相は、「永住権制度を通して外国人誘致を行うのは初めての試み。GTIPの目的は、高成長が見込まれる業界での国内企業の育成で、雇用創出にもつながる」と述べた。既存の年間移民受け入れ数上限の16万人のうち、7万人を占める技能ビザ枠内となる。同移民相によれば、通常の技能ビザ制度での永住権取得までには数カ月から長ければ数年かかるところ、新設ビザでは数週間で承認されるという。

内務省は、米スタンフォード大やマサチューセッツ工科大学(MIT)、英オックスフォード大などで経験のある研究者らの人材発掘と誘致のため、すでにベルリンにスタッフを派遣しており、続いてボストン、シンガポール、上海、ドバイにも派遣予定という。

GTIPは、政府が先週発表した、技術系の外国人の雇用を促進する、外国人向け雇用主指名技能ビザ(GTES)の導入に続く。GTESでは、科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学分野のスタートアップ企業は年間5人まで、年商400万豪ドル(約2億8,520万円)以上の企業は年間20人までスポンサー申請ができる。国内大手23社がこの枠を利用できる雇用主としてすでに政府と契約を結んでいる。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 農林・水産金融IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅に来た塗装業者と雑…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

日企、豪投資で「販売網取得」 豪日経済委員が報告書(08/21)

豪で長短金利一時逆転、景気後退には疑問符(08/21)

医療・教育価格上昇率、インフレ率の2倍(08/21)

カジノ景観裁判終了、NSW州当局が和解(08/21)

豪LNG輸出で日本が1位、日中韓で約9割(08/21)

オリジン、石炭火電を水素発電に切り替えか(08/21)

豪衣料カントリー、初の環境格付5つ星店(08/21)

SA州政府、来シーズンからGM作物解禁へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン