NZ建設企業、3分の2が大麻合法化を懸念

ニュージーランド(NZ)の建設企業の約3分の2が、大麻使用の合法化に大きな懸念を示していることが、土木建設請負業界団体シビル・コンストラクターズNZ(CCNZ)による年次報告書で明らかになった。薬物反応により雇用契約が結べないケースが急増し、人手不足にあえぐ同…

関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パブで食事をしていると…(08/23)

豪GDP急減速の可能性も 中国向け輸出落ち込みで(08/23)

豪富士通、起亜とパトカー搭載向けAI開発(08/23)

マツダ、豪アフターサービスで4年連続1位(08/23)

〔政治スポットライト〕ベトナム、豪に南シナ海の安保維持要請へ(08/23)

カンタス、石油高と豪ドル安で17%減益(08/23)

日企3社の海運ONE、豪向け事業を拡大(08/23)

豪人は米旅行回避傾向、豪ドル安で=旅行企(08/23)

〔オセアニアン事件簿〕性暴行で有罪の元枢機卿、控訴裁が上訴却下(08/23)

VICとNSW、夏季に停電発生の恐れ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン