中国の3島開発に懸念 揺らぐ安全保障、計画凍結も

フィリピンのルソン島北部の沖合で、中国企業が3島を開発する計画に懸念が広がっている。スマートシティーや観光開発を目的にしているものの、中国と領有権を争う南シナ海にもつながる海域のため、安全保障問題が浮上。島の開発認可を担う当局が投資計画を事実上凍結したほか、軍…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

テイクオフ:給料日に全額が現金自動…(08/20)

中小零細の信用リスク管理 中銀、融資促進で成長後押し(08/20)

財務省、経済区庁の「10兆ペソ貢献」は誤り(08/20)

新興エネ企業、スルー地方に原発建設を検討(08/20)

中国融資のダム事業、入札に不正=監査委(08/20)

7月の国際収支2.5億ドル、黒字に転換(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン