中国の3島開発に懸念 揺らぐ安全保障、計画凍結も

フィリピンのルソン島北部の沖合で、中国企業が3島を開発する計画に懸念が広がっている。スマートシティーや観光開発を目的にしているものの、中国と領有権を争う南シナ海にもつながる海域のため、安全保障問題が浮上。島の開発認可を担う当局が投資計画を事実上凍結したほか、軍…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、476人に(19:55)

テイクオフ:学生のころ、将来何を学…(08/04)

厳格規制でも生産維持へ 日系企業、長期化は懸念(08/04)

首都圏などの外出制限、再び厳格化(08/04)

コロナ感染新たに3226人、計10万6330人(08/04)

医療従事者を1万人雇用、手当も手厚く(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン