ヤンゴン総合病院、農薬の中毒死に注意喚起

ミャンマー最大都市の新ヤンゴン総合病院は、今年1~6月に同病院の中毒治療室で死亡した37人のうち、10人は農薬が原因だったとして、農業従事者などへ注意を喚起している。ミャンマー・タイムズ(電子版)が8日伝えた。 同院の内科責任者、ニュン・ニュン・ワイ医師によると、…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ緊急委を新設、国軍と与党の連携強化(16:27)

新型コロナで初の死者、感染者は累計14人(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

建設工事の3割が新型コロナの影響で中断(04/01)

輸出入免許オンライン申請、164品目に適用(04/01)

国境からの帰国者、4月15日まで入国停止(04/01)

政府、大規模な再生エネ発電推進の意向(04/01)

マレーシア航空が特別便運航、航空局が認可(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン