• 印刷する

《日系進出》三菱地所が現法設立、5番目の海外拠点

三菱地所は9日、1月11日にインドネシアの首都ジャカルタで現地法人「三菱地所インドネシア」を設立し、4月30日から営業を開始したと発表した。インドネシアは、シンガポール、中国、タイ、台湾に続く5番目の海外の事業拠点となるが、ベトナムのホーチミンに設立した現地法人も8日に営業を開始した。

インドネシア法人の資本金は10億5,000万ルピア(約782万円)。シンガポールにあるアジア統括会社の三菱地所アジアが99.8%出資して設立した。社員数は5人で、4人が日本人駐在員。主な事業内容は、インドネシアで進めるプロジェクト管理と新規案件のソーシングに関するコンサルティング業務。

三菱地所の担当者によると、これまでインドネシアは三菱地所アジアがシンガポールから対応してきた。

インドネシアでは現在、首都ジャカルタの中心部でオフィスビル開発事業「ダスウィン・プロジェクト」を推進している。ダスウィン・プロジェクトは昨年3月に着工、2021年の早い時期の完工を予定している。


関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン