• 印刷する

医療用大麻、全国で患者への処方開始

タイ保健省は、8日から全国12カ所の病院で医療用大麻の処方を開始すると発表した。8月末までに大麻の抽出液計6,500本を供給する。同日付プーチャッカーンが報じた。

アヌティン保健相は7日、タイ製薬公団(GPO)からテトラヒドロカンナビノール(THC)の抽出液4,500本を受領。今後、保健省管轄の全国12カ所の病院で処方する。8月末までにカンナビジオール(CBD)の抽出液500本と、THCとCBDが1対1の抽出液1,500本を供給する予定。一方、タイ伝統医療に則した医療用大麻は、全国7カ所のタイ伝統医療病院で処方する。

THCの抽出液はがん終末期の患者の化学療法による副作用(むかつき、嘔吐=おうと=)の緩和に、CBDはてんかんの患者に処方する。THCとCBDが1対1のタイプは、タイの国立がんセンター(NCI)が事前に登録したがん終末期の患者に処方し、同患者の生活の質改善に向けた研究に利用する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏オフィス賃料は低水準 東南ア2番目の低さ、上昇緩やか(09/20)

デュシタニとオリジン、シラチャーにコンド(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

トゥルーデジタルパーク、第1期が全面稼働(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

「マツダ3」新型発売、販売目標は年7千台(09/20)

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ(09/20)

サトウキビ産業支援、5機関・企業が覚書(09/20)

国慶節連休中の旅行、革命聖地巡りに人気(09/20)

緬国境で豚コレラ発生、警戒レベル引き上げ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン