• 印刷する

首都圏開発庁、エドサ通行規制を任意で実施

フィリピンのマニラ首都圏開発庁(MMDA)は7日、地方発着の長距離バスに対し、マニラ首都圏の幹線道路エピファニオ・デロスサントス通り(エドサ通り)への通行規制を任意で実施した。裁判所の差し止め命令もあり、任意の通行規制に従ったのは地方バス全体の5%のみだった。インクワイラーなどが8日伝えた。

対象となる2,736台の地方バスのうち、任意の通行規制に従ったのは136台だった。MMDAは、強制的に通行規制を実施するはずだったが、ケソン市地方裁判所が7月31日に暫定的差し止め命令を出し、任意となった。

任意の通行規制に従ったバス運行会社のHMトランスポートによると、通行規制に従わなかった他社に客が流れたため、今後は同規制に従わない方針だという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

噴火から1週間、噴煙弱まるも警戒維持(09:45)

経済特区で生産活動再開、噴火の影響限定的(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(09:32)

火山の噴火、小康状態に 避難住民は増加、なお楽観できず(01/17)

発電所が一部停止、噴火の被災地域(01/17)

タイヤの米グッドイヤー、IT拠点を増強(01/17)

電子製品サーテック、情報開示違反で罰金(01/17)

Ubicom、連結子会社から配当金(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

マニラ近郊に新空港次々、既存施設もう限界(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン