現代自が生産で「脱中国」 インドネシアとインドにシフト

韓国現代自動車がインドネシアとインド市場の開拓を加速させている。両国を海外の最重点拠点に位置付けて、工場の新設や現地向けの新車投入などで成長につなげる。主力の中国市場で販売回復への期待が後退していることが背景にある。 韓国・現代自動車グループの鄭義宣(チョ…

関連国・地域: 中国韓国インドネシアインド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

キャンプ用品スノーピーク、地場と資本提携(14:10)

新型肺炎の防疫強化、政府が20億円投入(14:08)

武漢の韓国人帰国へ、30日にもチャーター機(14:04)

テイクオフ:日本の対韓貿易管理の厳…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

新型肺炎「警戒」レベルに 感染者4人に、検疫対策強化へ(01/28)

敵対的な労使関係、人材競争力の重しに(01/28)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/28)

新型肺炎、韓国で3人目の感染確認(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン