• 印刷する

配車グラブ、貧困層から1000人雇用

東南アジアの配車アプリ最大手グラブは7日、フィリピンの貧困層から1,000人以上をドライバーとして新たに雇用すると発表した。都市部の貧困削減につなげる。

フィリピン大統領府の都市貧困問題委員会(PCUP)による雇用創出事業の一環。全国からタクシー、バイク、自転車のドライバーを募る。ベンゲット州バギオ市やパンパンガ州、セブ州、ダバオ市など、グラブがサービスを展開するマニラ首都圏以外の地方都市も対象となる。

採用されたドライバーは、グラブの研修を受講する。その後、配車アプリサービスや出前サービス「グラブフード」などに配属される。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン