• 印刷する

《日系進出》星乃珈琲店、台湾初出店

外食大手ドトール・日レスホールディングス(東京都渋谷区)傘下の日本レストランシステム(NRS、東京都渋谷区)は9月16日、高級喫茶店「星乃珈琲店」の台湾1号店を台北市中山区の「新光三越百貨台北南西店(中山三越)」に開業する。

中山三越一館4階に設ける。席数は63席。スフレパンケーキ(170台湾元、約575円)や、ハンドドリップコーヒー(150元~)、台湾限定のフルーツサンド(200元)などをそろえる。「日本のメニューを台湾風にアレンジした」という。

ドトール・日レスHDの全額出資子会社で、ドトールコーヒーショップを台湾で展開する台湾羅多倫和餐餐飲が運営する。台湾羅多倫和餐餐飲は2011年9月に中山区で設立した。資本金は8,000万台湾元。

NRSは12年に「星乃珈琲店」の海外1号店をシンガポールに出店。現在はシンガポールとマレーシアに計13店を展開しており、台湾は海外3カ国・地域目の出店となる。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「今日香港、明日台湾」…(01/21)

19年の輸出受注、5.3%減に 全製品・市場が落ち込み(01/21)

PCB3社が資本的支出拡大、南電は2倍に(01/21)

群聯電子、苗栗にR&D用途の新拠点建設(01/21)

イオンモーター、今年の販売台数2倍へ(01/21)

石化産業の新南向展開を、政府が推進(01/21)

新光合成繊維、中国江蘇省に新工場建設へ(01/21)

声宝と瑞智、今年の業績は「2桁成長」(01/21)

台湾家電3社の20年売上高、2桁成長を目標(01/21)

台湾産コメの19年輸出、過去17年で最多(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン