• 印刷する

カジノ労働者、徴税額2億ペソと停滞

フィリピン内国歳入庁(BIR)によると、オンラインカジノ事業者(POGO)で働く外国人労働者からの所得税の徴税を7月に開始したものの、徴税額は1カ月間で約2億ペソ(約4億1,000万円)にとどまったと明らかにした。5日付ビジネスミラーなどが伝えた。

納税額が少ないのは、対象者への納税者識別番号(TIN)発行の遅れが原因。7月に納税したのは、50社を超えるPOGOのうち6社の労働者だった。

POGOが雇用する外国人労働者は最大13万人に上るとされる。しかし、BIRがこれまでにTINを交付した労働者は約1万人にとどまる。

政府はTINの発行が完了すれば、年間240億ペソが徴税できると試算している。BIRのグバラ副長官は、今後は徴収額が大きく増えると説明している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:早朝、マーケットに行く…(07/07)

MRT3号線、感染急増で運行停止(07/07)

コロナ感染新たに2099人、累計4万6333人(07/07)

重症者向け病床、首都圏で不足気味に(07/07)

サンミゲル、従業員7万人の検査施設完成(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン