遠隔地電力事業、地場SPSBに認可

フィリピンの発電業者ソーラー・パラ・サ・バヤン・コープ(SPSB)は、遠隔地での事業展開に関して認可を受けた。25年間にわたり事業が可能となる。ビジネスミラー(電子版)などが伝えた。 ドゥテルテ大統領が7月31日に署名した。SPSBは遠隔地や不採算地域、電力の未供…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8571人感染(20:22)

テイクオフ:多くの人が身構えたに違…(04/13)

企業活動、職場5割で容認 商業施設も営業、厳格措置の指針(04/13)

新型コロナ、新たに1万1378人感染(04/13)

2.6万人失業、厳格な外出制限下で(04/13)

首都圏の接触者追跡要員、1.4万人に増員(04/13)

企業優遇法、優先産業を近く選定(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン