• 印刷する

通信設備JTOWER、同業を完全子会社化

情報通信インフラの設計・構築のJTOWER(ジェイタワー、東京都港区)は2日、ベトナムで建物の通信インフラ共用化(IBS)事業を手掛けるサザンスター・テレコミュニケーション・エクイップメント(SPN)を完全子会社化したと発表した。同国の不動産開発が活況な中、携帯電話事業者の効率化を促す。

2年前に投資銀行2社とともに出資した中間持ち株会社SPCの全株を買い取り、SPNを100%子会社とした。競合関係にある複数の携帯電話事業に共用設備を貸し出すIBS事業を加速させ、同国の通信環境改善に貢献していく。

SPNは2007年7月設立で、主要携帯電話事業者3社と良好な関係を築いているという。これまで高層オフィスビル、空港、ホテル、商業施設でIBS事業を手掛けた実績がある。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

中部高原―中南部高速、国の計画案に追加へ(07/03)

HCMの住宅販売、4~6月は2倍の569戸(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

フンイエン省工業団地3件、国の計画に追加(07/03)

フエ省でLNG火発計画、投資額62億ドル(07/03)

韓国暁星、越法人の債務43億円保証(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン