• 印刷する

首都政府、ABインベブに3年の販売禁止令

インドのデリー首都圏(NCR)政府は、ベルギーに本拠を置くビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)に対して、ニューデリーでの販売を3年間禁止する命令を出した。同社の子会社による脱税行為が確認されたことを受けた措置。ロイター通信が7月31日に伝えた。

問題となっている子会社は、ABインベブが2016年に取得した英SABミラー。デリー政府が3年間かけて実施した調査によると、SABミラーは同年にニューデリーの小売業者に供給したビールに関して、ボトルのバーコードを重複利用することで課税を不当に回避していた。

デリー政府はまた、先月30日にニューデリーの2カ所でABインベブが運営する倉庫を閉鎖した。これにより、ABインベブは現在、取引先への商品の出荷ができなくなっている。

ABインベブは、SABミラーが脱税行為を行っていたのは買収前だったと主張。首都圏政府の命令に異議を申し立てる方針だ。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

下降局面の二輪車販売 回復は来年度から=ICRA(09/20)

電動二輪アザー、エントリーモデルの販売停止(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

マルチスズキ、グ州の港からの輸出100万台超(09/20)

シュコダ現法、昨年度は6380万ルピーの赤字(09/20)

単一業種向けSEZ、複数業種対応に切替え(09/20)

VW金融部門、ネット融資代行と提携(09/20)

中央監視委、銀行不正の調査委を設置(09/20)

オープンセル関税撤廃は時限措置か=業界筋(09/20)

日用品業界の増収率、本年度は15年で最低に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン