• 印刷する

テイクオフ:最近、旬の魚をそのまま…

最近、旬の魚をそのまま買ってきて自分でさばいて刺し身にするのが楽しみになっている。近ごろはニュージーランド(NZ)産の鯛(タイ)をよく買う。そこで気づいているのは、なぜか鮮度が毎回違うということだ。

こちらは買う時に、魚の目を見て新鮮度を見極めようとするがなかなか難しい。近所の魚屋で買ったタイは身が薄紅色に染まり、引き締まっていてかなりのアタリだったが、通常はハズレの方が多い。そこで先日、魚屋の兄ちゃんに、NZの海で捕ってからどうやって運ばれるのかと聞くと、「そのまま冷凍せずに届くから2日もたっていないのでは」と言う。

うーむ……。兄ちゃんの話を信じていいのかどうか。では、なぜ同じ魚でも日によって鮮度が違うのだろう。売れ残りを冷凍して置いているのか。だとすると、こちらの鮮度眼をさらに養うしかない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージー知人宅でブラウ…(03/27)

既に5万人失業、今後も増加か 失業率6月に11%超も(03/27)

豪カジノで2万人超失職へ、コロナ関連規制で(03/27)

豪炭鉱の拡張推進、失業の受け皿に=政府(03/27)

豪NZ、5カ国と緊急時の貿易制限解除で合意(03/27)

〔政治スポットライト〕日豪首相、感染症対策連携で一致(03/27)

豪NZ五輪委、延期でスポンサー契約見直し(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン