• 印刷する

宇宙関連事業コンテスト、アジア予選開催

宇宙のビッグデータを活用したビジネスアイデアのコンテスト「S―Booster2019」のアジア予選が開催され、最終選抜会に進出する4チームが選ばれた=25日、バンコク(NNA撮影)

宇宙のビッグデータを活用したビジネスアイデアのコンテスト「S―Booster2019」のアジア予選が開催され、最終選抜会に進出する4チームが選ばれた=25日、バンコク(NNA撮影)

日本の内閣府宇宙開発戦略推進事務局とタイ地理情報・宇宙技術開発機構(GISTDA)は25日、タイの首都バンコクで宇宙のビッグデータを活用したビジネスアイデアのコンテスト「S―Booster2019」のアジア予選を開催した。同コンテストの開催は3回目で、今回初めて募集地域をアジア・オセアニアに拡大した。

アジア予選では、アジア・オセアニア地域から選抜された15チームがビジネスアイデアを発表。その中から11月に日本で開かれる最終選抜会に出場する4チーム(タイの2チーム、インドとフィリピンの各1チーム)が選抜された。

これら4チームは、日本で開催されるワークショップに参加する予定のほか、企業やベンチャーキャピタル(VC)の関係者らのメンタリングも受けられる。日本から選抜された8チームと共に11月25日に東京で開催される最終選抜会に出場する予定だ。GISTDA宇宙製品共創促進課のポンテープ課長によると、アジア予選には約300件の応募があったという。

宇宙開発戦略推進事務局の行松泰弘審議官は、「昨年11月に運用が開始された準天頂衛星システム『みちびき』をはじめ、日本とタイは宇宙技術の分野で多くの協力を実施している」と話し、両国の協力が一層深化していくことに期待を示した。

現在アジアには16の宇宙機関が存在し、100以上の宇宙関連スタートアップが立ち上がっているという。アジア太平洋地域は宇宙関連事業の成長エンジンとされ、注目を集めている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタがカローラSUV発売 世界初、月間1400台の販売目指す(07/10)

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

マツダ、クロスオーバーSUVで販売首位(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

中国のタイヤ大手山東リンロン、生産増強(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

屋根置き太陽光、買取価格引き上げなら拡大(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン