• 印刷する

1~6月の6空港利用者、1%減の7200万人

タイ空港公社(AOT)はこのほど、国内主要6空港の2019年上半期(1~6月)の利用者数が前年同期比1.0%減の7,223万人だったと発表した。南部のプーケット空港とハジャイ空港が前年割れとなった。

国際線が3.6%増の4,295万人だった一方、国内線は2.7%減の2,928万人となった。スワンナプーム国際空港は、2.5%増の3,276万人。主に格安航空会社(LCC)が利用するドンムアン空港は、0.4%増の2,079万人だった。国際線が9.3%増だった一方、国内線が5.3%減と落ち込んだ。

北部のチェンマイ空港は5.2%増の574万人、チェンライ空港は5.7%増の150万人。プーケット空港は4.8%減の941万人、ハジャイ空港は4.9%減の203万人だった。

6空港の航空機発着回数は1.8%増の45万16回。国際線が5.6%増の24万7,444回となった一方で、国内線は2.5%減の20万2,572回に落ち込んだ。

貨物取扱量は13.5%減の70万5,221トン。国際線が13.0%減の66万8,786トン、国内線が20.8%減の3万6,435トンとともに2桁のマイナスとなった。

6月単月の6空港の利用者数は前年同月比0.3%減の1,064万人となり、3カ月連続で前年割れとなった。国際線が1.8%増の632万人となった一方で、国内線は3.2%減の432万人に減少した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アストラゼネカ製の新型…(01/21)

タイからのトラック、入国管理を強化(01/21)

自動車生産、29%減の143万台 21年は5%増予測も本格回復遠く(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

タイ系LNG発電所と電力供給契約を締結(01/21)

20年の自動車輸出、30%減の74万台(01/21)

タイから帰国の労働者感染、77人に(01/21)

市中感染51人、25日ぶりに2桁(20日)(01/21)

Thaco、20年は車両1400台輸出(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン