力成総経理、「下半期の業績は上向く」

メモリー封止・検査大手の力成科技(パワーテック)の洪嘉鍮総経理は23日に開いた業績説明会で、「米中貿易摩擦や在庫調整など不確定要素は依然あるが、下半期(7~12月)の需要は予想を上回って回復し、フラッシュメモリーやロジックICの需要が伸びる」との見方を示した。24日…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の中秋節といえば焼…(09/17)

【業界探訪】訪日台湾人、今年500万人へ 雄獅旅行社の游国珍総経理に聞く(09/17)

1~7月の光学レンズ輸出額、初の日本超え(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

聯発科技、20年に5Gチップ6000万出荷へ(09/17)

二輪車の貨物税、125cc以下は減税5000元(09/17)

卜蜂が飲食業参入、台中にフライドチキン店(09/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、13年ぶりに米国公式訪問(09/17)

生技中心と高雄医大、新薬開発で提携(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン